女子校生痴漢電車 私を見ている視線…それは…とても恐ろしいことの始まりでした… 夢見照うた 10th

million

いつもと変わらない学園生活をしていた“うた”。だが、最近ふとした時に感じる、何者かの視線が気になっていた。「誰?…気のせい?…」1ヶ月前までは遠かった視線も、日に日に近づいていった。そしてある日、その視線の持ち主が誰なのかわかる日が来た…。

レビュー